私の話に付き合って。

アニメや特撮、映像コンテンツの感想を書きます。よかったら私の話に付き合ってください。

「ナイツ&マジック」12話感想 エルくんが不安を覚える相手「ヴィーヴィル」。味方にも戦艦が参戦。

ヴィーヴィル(飛竜戦艦)の襲来とともに、ジャロウデク軍の反抗が始まった。炎に包まれる城塞都市から脱出する住民たち。混乱に乗じてグスターボがあらわれ、ディーとの因縁の戦いが再び幕を開ける。
上空ではエルがイカルガで奮闘するも、法撃に格闘、雷による防御も併せ持つヴィーヴィルは強敵だった。
一進一退の攻防を繰り返す中、オラシオは「特殊砲弾」の使用をドロテオに進言する。はたしてオラシオが仕掛けた罠とは……?

ナイツ&マジック│TVアニメ公式サイトより)

 

第12章「Knight & Dragon」

 今回は本当に盛り上がったような気がする。シルエットナイトの戦いも多く熱戦でしたし、面白かったな。

OPのほうも効果音がいい感じに全体的に入っていましたね。その変わり音量は抑えめになっていましたね。もうすこしうるさくても個人的には好き。

 

あと前回自分が言ったあの対空用の槍は動きながら打てないのでは?とかいろいろ書きましたが、普通に移動しながら打っていましたね。お恥ずかしい限り。リロードはできないのかな。 

 

あとは序盤のエルくんの台詞が俗にいう富野節っぽかった気がします。なんとぉ!!はF91シーブックの奴かな。ただあそこだけ浮いちゃってる感じはありましたね(笑)嫌いじゃないですけど。

 

グゥエラリンデ 対 ソードマン

相変わらずこの二機の戦いはかっこいいですね。双剣のグゥエラリンデといっぱいついてるソードマン。地面に突き刺した二つの剣もディーに君はもっとモノを大事にするべきだと言われ「後で回収するから」って言ってました。悪い奴じゃなさそうなんだけどな…。

 

ソードマンのエーテルリアクタを酷使して戦闘していた結果、ソードマンが動かなくなってしまいましたね。グゥエラリンデもマギウスジェットスラスタをつかって力業で行きましたが、最後は辛勝。その代わりグゥエラリンデも骨格からボロボロになってしまい、本国でしか修復できなくなってしまいました。

その結果彼は次の作戦ではシルエットギアでの戦闘になっていましたね。

 

逆にソードマンは再起不能…なのかエルくんが攫っていたのかわかりませんが、使えなくなってしまいました。

そこで彼は新たな機体を手に入れていました。それが「アルケローリクス」でしたね。王族専用の機体を手に入れた彼ですが、今後どうなるのか…。あと一話なんだよね…。まだまだ見たいなぁ…。

 

彼のアルケローリクスは剣だらけになりそうですね。剣マシマシの装備にされそうで戸惑っているアルケローリクスは公式サイトストーリーの見終わった方はこちら」の欄に入っております。興味のある方は是非。

オラシオ・コジャーソと純エーテル作用論の事も詳しく書いてあります。

 

 

続きを読む

「アホガール」11話感想 努力の天才の瑠璃ちゃん。不良をばたばったと倒す久々にキレちまったよしこ。

よしこの舎弟、龍一くんがボロボロに。何があったのか事情を聞くよしこに対し龍一は、“バナナを粗末にしていた連中にやられた”と言う。湧きあがる怒りで静かに立ち上がるよしこ…。そんなヤツらは許せねえ!私は戦う、そう、バナナのために! ……えっ、バナナ?(TVアニメ「アホガール」公式サイト EPISODEよりhttp://ahogirl.jp/?page_id=107

11ふさ目『決戦!必殺!アホガール

 いやー今回もすごい話ばかりでしたが、最近よく出てきたギャルやさやかちゃん、委員長は登場しませんでしたね。逆に久々にあっくんを見た気がします。

OPはそんなあっくんの見た最悪の悪夢の映像でしたね。狂気以外の何も感じない。いや、苛立ちは感じるかも(笑)

では感想書いていきます。

 

努力の天才瑠璃ちゃん

今回瑠璃ちゃんはかなりかわいそうですよね。彼女はよしこと違って「頑張ってもできない」タイプの女の子でした。才能のほとんどを兄貴に吸われてしまったんですかね…今まで勉強しかしてこなかったのに勉強がでいないっての本当に悲しい。

今回も料理、裁縫、絵画、自転車といろいろ挑戦しましたが全てうまくいかず…。逆によしこはなんとなくできていないこともなかったですね。彼女なんやかんや元のスペックは悪くないから…。

瑠璃ちゃんは一つくらい頑張ってやると自転車乗ろうとしていましたね。

よくありがちな自転車の練習風景かと思いきやトンボに目を奪われるよしこ。普通に離すんじゃと思っていましたが、まさかそんな理由で離すとは…。

 

最後は乗れなかったけれど彼女は努力の天才とよしこがいい事言っていましたね。一言多かったけれど。しかしあんなに努力しているのに何一つ実らないのは本当に不憫。

いつか瑠璃ちゃんにも誇れる何かが見つかるといいな。

 それは犬も同じ考えだったみたい。あんな突然しゃべられるちょっとびっくりするけど。

 

 

バナナを粗末にした不良どもに制裁を加えたよしこ

よしこ強ええ…。

まあ母親があれですからね。強いのもうなずけます。

 

今回はバナナのジュースを無駄にした不良たちに制裁を加えるという話でしたが、相手方のあの学校…もはや学校として成り立ってないのでは?という外見でしたね(笑)

 

よしこは不良たちの口にバナナを突っ込んでバッタバッタと倒していました。目つきも声色も全然違う人になっていましたね。いつものあほさは微塵も感じないかっこいい声になっていましたね。よしこは本当にキレるとああいうふうになるんですかね。

 

不良のボスに殴られたよしこですが、あっくんのパンチの方が100倍強いと。あっくんのパンチは殺意がありますからね。そりゃ違いますよ。

 

あと、終始ヤンキー青年が置いてけぼりでしたね(笑)

 

それにしても本当に悠木碧さんはすごいですね。人形の時と言い、今回といい声色が全然違いますね。今回の対不良の時のよしこなんてすごくかっこよかったもの。

 

 

本当にこの犬はハイスペックですね…。今回この犬がやったことは

  • 川で流されそうになっている子供を助ける
  • 車に轢かれそうになった子供を助ける
  • 銀行強盗を倒す

でしたね。いや本当にすごい。

 

この回で一番解せなかったのはやっぱり車に轢かれそうになった子供の話ですね。いや、自分の子供が犬に襲われてるって言ってましたけどあのお母さん子供から目を離してた結果あんなことになっているんですよね…。まあギャグの一環だからああいうのもわからないでもないけれど。

 

最後も彼は銀行強盗の件で泣いていた少女に自分の見つけたきれいな花を渡していましたし、心優しい犬ですよね。でも悪に対してはきれいに当身。ヒーローなのかな。

 

次回は出会いそしてアホガールという事ですが、小さい頃のあっくん…なのかな?がいたようなのでよしことの出会いの話かな。つまり、彼の悪夢の始まりだと。

 次回も楽しみ。

 

「異世界食堂」10話感想 フェアリーのサイズだとクレープが大きく見える…!ファルダニアは料理研究に熱心

「クレープ」
フェアリーが住む花の国に、ある日突然不思議な扉が現れた。国の女王ティアナは、数名のフェアリーたちを率いて、扉の中に侵入することにする。扉をくぐったその先には、これまで見たことのない光景が広がっていた…。

「納豆スパ」
父の紹介で、料理の研究をしているというクリスティアンのもとを訪れたファルダニア。そこで彼女は、なんとクリスティアン異世界食堂の虜だと知る。一緒に食堂を訪れた二人は、クリスティアンが大好きな納豆スパを食べることに。美食家のクリスティアンの好物である納豆スパを食べたファルダニアの感想は…?

(TVアニメ「異世界食堂」公式サイト ストーリー&メニューよりhttp://isekai-shokudo.com/story/detail.php?id=1000268

第10話 「クレープ」「納豆スパ」

今回登場したのは以前から登場しているエルフ族と「フェアリー」でしたね。説明はいらないかなと思いますがフェアリーについて簡単に。

 

フェアリー

妖精ですが、人に好意的な妖精から悪戯するもの、命を奪うものまでさまざまな妖精がいます。子供たちを攫って自分たちの子供を置いていくなんて話もあるそうですね。妖精怖い…。

外見は羽をもった小人。羽は透明なモノが多いそうですが、それ以外もあります。

今回異世界食堂に登場したのは人と関わり合いはあるものの、自分たちの領土に踏み込んだものには警戒していたりと、みだりに関係を持たないタイプでしたね。もちろん人も攫いません。

羽は蝶の羽っぽかったですね。姿は小人で、性が女性のみ。森で生活していました。

さて、ではそれぞれの感想。

 

続きを読む

「NEWGAME!!」 第8話感想 会社の社員をメイド姿にして楽しむ葉月さん。青葉と紅葉の関係。

専門学校からインターンとしてやってきた紅葉やツバメたちの歓迎会の幹事をすることになった青葉たち。はじめが言うには、歓迎会や送別会、そして忘年会などの幹事の責任は重く、上手くこなせたかどうかで評価も変わってくるという。もし失敗してしまったらと緊張を隠せない青葉に対して、失敗だけでなく、成功し過ぎても、この先ずっと幹事をやることになると告げるはじめ。しかし、成功し過ぎず、失敗し過ぎずという中途半端な結果では記憶に残らない社員になってしまうのではと青葉は頭を抱えてしまう。(TVアニメ『NEWGAME!!』オフィシャルサイト STORYより http://newgame-anime.com/story/?st=8)

 

メイド喫茶がいいと言ったんだよ

今回から紅葉とツバメが入ってからの話になりましたね。彼女たちの生活も見えてきました。

あとは葉月さんの趣味が爆発したり、ひふみんが頑張っていたりいろいろありましたね。

では感想

 

けっこう食べる紅葉と家庭的なツバメ

けっこうな量ご飯を食べる紅葉。会社にもとんでもない大きさのおにぎりをもってきていました。その栄養は全て胸にいっているのかな…。

東京の海鮮などについても物足りない模様。まあ、本場の人からしたら全然足りないように見えそうですから当然か。

 

ツバメはとても家庭的な子で、二人のルームシェアしている部屋ではツバメが先に帰っていたためご飯を作っていましたね。紅葉も作ったりするのかな。

彼女が作っていたのはもやしのフルコースでしたっけ。上京してきた二人ですからお金もあまりない。だからこういった料理なんですかね。

しかしもやしの話だと、なんだかアイドルを一人思い出しますね…。

ルームシェアも家賃を押さえられますし、食費も切り詰めつつっていう苦しそうな生活。ただ自分たちのやりたいことに就けているのでそれくらいはなんてことないのかな。

でも、それにしても大変そう。東京に向かったほかの都道府県出身の人は皆こういう経験するのかな。

 

 

葉月さんによるメイド喫茶

葉月さんが楽しそうでしたね。青葉たちに合うサイズのメイド服が何で会社に合ったんですかね。ゲーム会社だからメイド服ぐらい資料としてあるか…。

途中で紅葉も何かに焚きつけられて参戦。葉月さんは本当に楽しそうでしたね。

青葉は普通のキャラで、ゆんにはツンデレを要求し、はじめはそのままでいいといろいろ注文までして楽しんでいましたね。ひふみんからはすごい目で見られていましたが。

最後は阿波根に連れていかれました。それにしても阿波根あんなにかわいい声を作れるんですね。葉月さんも騙されていましたし。

あと、写真撮影をしているときの葉月さんの動きが面白かったです。

 

 

青葉と紅葉

紅葉はやっぱり青葉に対抗心を抱いていますね。紅と青で色も対象ですしね。青葉の「置いてっちゃいますよー」っていうのが凄いですよね。あれはいま置いて行っちゃいますよじゃなくて、仕事や才能や実力云々を合わせてああいうことを言ってるんですよね。

 

 

あとは飲み会の時に最初はうまい感じにはいかなかったり、いろいろしていましたね。プログラマーの人たちはうまいかんじになっていましたね。ねねっちとツバメがコミュ力高いからかな。

 

ひふみんも紅葉と仲良くしようと頑張っていましたね。最初ほとんどしゃべっていなかった彼女ですが、最近は本当にしゃべるようになりましたね。あとはいろいろな表情を見せてくれるようになりましたね。ひふみんが好きな私としてはうれしい。

 

次回も楽しみ。

 

 

「僕のヒーローアカデミア」第36話感想 一皮むける生徒たち。ヒーローだから頑張るんじゃなくて、頑張ってるからヒーローなんだ。

13号の「ブラックホール」でピンチに陥ったお茶子&青山だが、青山からお茶子へのあるひと言をきっかけに形勢が逆転!上鳴&芦戸は、校長の頭脳の前になすすべなく敗北!続く耳郎&口田はプレゼントマイクの「ヴォイス」で追い詰められるが、ここで口田の個性「生き物ボイス」が炸裂する。障子&葉隠はスナイプとの索敵合戦に勝利。峰田&瀬呂vsミッドナイトは、瀬呂が眠らされ峰田は逃げ惑うのみ。しかし、機転を利かせた作戦と必殺グレープラッシュでクリアする!そしていよいよ出久&爆豪vsオールマイトが始まる…!(TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』公式サイト EPISODESよりhttp://heroaca.com/episodes.html

 

第36話 むけろ一皮

今回は

  • お茶子・青山ペア vs 13号先生
  • 上鳴・芦戸ペア vs 校長先生
  • 耳郎・口田ペア vs プレゼントマイク先生
  • 障子・葉隠ペア vs スナイプ先生
  • 峯田・瀬呂ペア vs ミッドナイト先生

の5戦でしたね。どれも見たことない戦い方や個性の幅とかが見れて面白かったですね。

ではそれぞれの感想へ。

 

 お茶子・青山ペア vs 13号先生

前回はこの話でつづくでしたね。

青山の妙に鋭い発言でお茶子が手を放してしまい、ブラックホールを止めた13号先生の懐に飛び込み、職業体験で培った近接戦闘の技術と青山君の援護で手錠をかけてました。

 

このときの13号先生はブラックホールを生徒相手だから止めていたような気はしますが、あれがヴィランだったらどうなってたんですかね?一応ヒーローは危害を加えずにとらえるのが目的みたいなこといってヒーロー殺しの時に怒られていましたし、実戦でもああするのかな。

 

それにしてもお茶子ちゃんはこれでデク君への気持ちに気づいてしまったって感じかな。青山君鋭いな…。彼にはなんかそういう力もあるのかな…?

続きを読む

「仮面ライダービルド」3話感想 見返りを期待したら、それは正義とは言わない。戦兎の正義、戦う理由。

 

 龍我(赤楚衛二)を殺人犯に仕立て上げた事件、その謎のカギを握る人物が鍋島(市オオミヤ)という男であることが判明した。が、紗羽(滝裕可里)が入手した鍋島の経歴はデタラメだった。苦労して手に入れたのに…と落ち込む紗羽の前で、なんと美空(高田夏帆)はネットアイドル「みーたん」に“変身”!鍋島の情報収集を呼びかける。

ストーリー|仮面ライダービルド|テレビ朝日より

 

第3話「正義のボーダーライン」

 

相変わらず展開が早いビルド。戦兎の戦う理由やナイトローグに近い姿の敵やビルドが何か注入されていたり、いろいろありましたね。

では感想

 

 美空が大人気のネットアイドル「みーたん」

美空はネットのアイドルでしたね。彼女のファンが情報を集めてくれるみたい。彼女はただ特殊能力のある女性だけではなかったんですね。

紗和の入手してきた情報はでたらめでしたが、美空のファンの集めてきた情報は実際に鍋島にたどり着けはしましたね。それが罠だったのかどうかはわかりませんが。

 

鍋島

鍋島は敵組織「ファウスト」に所属しているわけではなく、家族を人質に取られて仕方なく動いていました。

今回も万丈からの電話を受けて、ナイトローグからの指示で西都に誘導していました。

その後家族と自分を解放しろと要求したものの、スマッシュにされてしまいました。結局彼はビルドに倒されましたが、その彼の体は透明なコブラのようなものが攫って行きました。

彼は記憶が残っているって事かな。だから都合が悪いから回収したと。

 

うーん。今回のファウストは本当に嫌な悪の組織ですね。久々にこんなに嫌な悪を見た気がしますね。最近の仮面ライダーの敵は敵なりにいい奴だったりすることが多かったですから。ロイミュードとかバグスターとか。

 

 

続きを読む

「徒然チルドレン」10話感想 作品中最高にいい奴な本山君。作中一番最低なキスをした千秋。

千秋と香奈は学校帰りに偶然、クラスメイトの剛田と上根が公園で2人きりでいる所を目撃する。教室での様子からは想像できないほどイチャイチャしている2人の姿に衝撃を受ける千秋と香奈。お互いに足りないのは“積極性”なのだと納得した2人は、いつになく神妙なムードに…(TVアニメ「徒然チルドレン」公式サイトSTORYよりhttp://tsuredure-project.jp/story

第10話 『恋人たち』

 最後の話に胸を痛めています。

なんか…この…なんですかね。やるせないような、苛立ちのような不安のようなよくわかんないけれど胸が痛いです。

他の話が明るい感じだったのもあって、余計に最後の話の衝撃が凄い。

そんな一話でした。

では感想。

 

作中トップのいいやつ本山君

本当に本山君はいいやつですね。今回の一件の男女が二人ともヘタレですが、なんとかフォローしようとしていました。

栗原さんが山根君を校舎裏に呼び出しましたが、なぜか山根君を連れてくる。呼び出した手紙とかLINEとかに一人で来てとか書いていなかったんですね。それに栗原さんも本山君にいてくださいという始末。この二人本当に難しい。

栗原さんの作ってきた二つのプリンを本山君にあげようとしたり、山根君は本当にこういうことに疎い。栗原さんじゃなかったらすぐに愛想つかれますよね。

それぞれうまく二人をいい感じにしようと立ち回る本山君ですが、二人は最後まで奥手。本山君の望んだ感じにはなりませんでしたね。

 

続きを読む