私の話に付き合って。

アニメや特撮、映像コンテンツの感想を書きます。よかったら私の話に付き合ってください。

「OVERLORD(オーバーロード)Ⅱ」第1話 感想 遂に二期がスタート。色んな敵勢力?が出てきた1話。

 

突如異世界に転移して以来、アインズはナザリック地下大墳墓の主として、守護者たちの偉大なる支配者として振る舞う日々を送っていた。一方で、情報収集と資金獲得のため、冒険者モモンとしてエ・ランテルを拠点に活躍。ギガントバジリスクの討伐など、アダマンタイト級冒険者に相応しいとされる実績を積み重ねていく。そんな中、ナザリックへ帰還したアインズは、守護者を統括するアルベドと人間界で得た情報を含めた現状の報告会を執り行う。

STORY|TVアニメ「オーバーロードⅡ」オフィシャルサイトより)

 

第 1 話「絶望の幕開け The dawn of Despair」

 オーバーロードの二期が始まりましたね。いやー楽しみだった!!

久しぶりの感じがしますが、一期が2015年らしいので3年しか経ってないんですね。

しかし全然一話の内容の理解が追い付かなかった…。忘れてしまってましたねぇ…いけない。

 

 周りの世界の様子

今回いろいろ描写されていたのは地上のいろいろな国の状況だったかな。

田村ゆかりさんが声を当ててるヤバそうな人たち、すごい楽観しているように見える王国のようなところ。そしてリザードマンたちのところ。だったかな。

あとあれですね、ドラゴンとおばあさん。声からすごい強そうなおばあさんでしたね…(笑)ドラゴンボール以外で自分は久々に聞いたような…、気づいてないだけかな。

 

アインズ様も地図を手に入れていたし、攻めに出る…とかって話だったかな。

OP見るとそんな感じでしたね。

 あ、OPで思い出したけど、デミウルゴスとアインズ様戦ってませんでした?やっぱ裏切るのかあの人…。

 

続きを読む

「からかい上手の高木さん」第2話 感想 習字で同じものを書き、授業中はしゃべりまくって、プールは西片くんが休むから高木さんも休む。なんて羨ましい青春。

 

#2 「習字」「衣替え」「英訳」「プール」

 この作品…ツボをついてくる感じが凄い。あとおでこ。

二話でも高木さんがすごいいい!そしてそれに反応する西片くんもかわいい。

 

習字

西片くんはすごい考えてしまうタイプみたいですね…。いろいろ深読みしてましたね。

 

高木さんはやさしさって書いてあるの見たのかな。見てからああいう事をして、墨を付けたとしたらなかなかですね。そんな気がしないこともないですけど(笑)

 

西片くんはゲス顔をしますが、悪くなりきれないいい子ですよね。

最後は二人そろって油断大敵。二人そろってると何か言われそうだけど(笑)

 

続きを読む

「だがしかし2」第1話 感想 短くなったけどテンポよく楽しい!絵柄は原作よりになった感じ?

 木枯らし吹くころ、荒れ果てたシカダ駄菓子の前でココノツは数ヶ月前を振り返る。
それはまだ暑い夏の日、お昼のメニューを考えながら「とんかつ……」と呟いた
ココノツの前に、その言葉に召喚されたようにほたるが現れ、
駄菓子揚げ物界のレジェンド「ビッグカツ」の誕生秘話を語りだしたのだった。

あらすじ|TBSテレビ:TVアニメ『だがしかし2』公式ホームページより)

 

#1 ビッグカツとペペロンチーノと…

 遂に二期が始まりましただがしかし。一期とは作画も違いますが、尺が15分枠になったのが一番の変化ですかね。

 

 

作画はどちらかというと原作に近づいた感じですかね。原作をしっかり読んだことはないんですけど、イラストとかは見た事あるので。

今回の作画はなんというか、セクシーだけど過剰な感じも(笑)ほたるさんの胸が滅茶苦茶揺れてましたね。

 

 そして最初のあのボロボロになった駄菓子屋はどうしてああなってしまったんですかね。

 

ビッグカツ

あれ美味しですよね…!私はお腹が弱いのでたくさん食べれないのが苦しいですが。

 しかし開発の経緯とか全然知らなかったですね。あれがお肉ではないことだけはわかっていましたが、あんな紆余曲折があったとは。

というか、あのイカのお菓子イカじゃないんですかっ!?びっくりしました。

 

イカの再現って難しいんですね…。それでカツに行ったと。イカに負けたからできたのか…。

 

続きを読む

「ポプテピピック」第2話 千葉さんの破壊力が強すぎる!フェルトみたいな人形のストップモーションは単純にすごい。

 

第2話「出会い」

 一話と変わらず有名な声優さんたちを贅沢に使い、今回は更にいろいろしてましたね。

 

OPも出てきましたが、すごいスタイリッシュでかっこいい。歌は上坂すみれさん。

……まって、星色ガールズドロップのOPはたった1話だけ(2回)のために作ったの…!

次回予告はヒロインが凄い雑な動き方していましたね(笑)

 

今回のA、Bの違いはポプ子とピピ美の声優はもちろん。

異次元遊戯ヴァンヴーの勇者と魔法使いの声優さん、挿入歌がEDと同じ歌手になっていましたね。

続きを読む

「仮面ライダービルド」18話感想 仮面ライダーグリス登場!そんなカッコいいおじさんはみーたんの大ファン…。

ビルドラビットタンクスパークリングとクローズチャージの前に現れた男、一海(武田航平)は仮面ライダーグリスに変身。襲いかかるクローズチャージの攻撃を受け流すと、圧倒的なパワーで逆転。クローズを窮地へと追い込む。が、ビルドと美空(高田夏帆)がクローズへ駆け寄ると、なぜか攻撃の手を止めて変身を解除。赤羽(栄信)ら北都三羽ガラスとともに去って行く。

ストーリー|仮面ライダービルド|テレビ朝日より)

 

第18話「黄金のソルジャー」

 色んな意味で衝撃でしたね。始まってすぐにネタをぶち込んできましたし(笑)

 

はじめのナレーションでは幻徳が登場。戦兎がそういうこと言うとなぁ…っていったらそのままじゃあ言わない。と。本編でもなんやかんや素直な人だからネタにされたのかな。

最近この幻徳と戦兎のこういう時だから手を組んでる感じはなんか好き。

グリスが来たという時には戦兎達にわりと真面目に頼んだぞといっていました。

 

スクラッシュドライバーの副作用

やっぱりあのドライバーはやばい代物でしたね。

変身をすると、パンドラボックスの光を浴びた状態と同じ「好戦的な気質がむき出しになる」という症状になっていくと。

 

龍我も好戦的な性格になっていましたし、グリスこと猿渡も好戦的になっていました。

 

それで戦兎はちょっと強引な理由付けで龍我に使わせないようにしていましたが、彼自身はドラゴンゼリーを使う事は出来ないみたい。前のキードラゴンの時とおんなじかな。

 

龍我が使って戦う事にはなりそうですが、次回予告では暴れている感じがしましたね。心配ですね…。

続きを読む

「魔法使いの嫁」第6話感想 魔術師にもいろいろありそう?眠ってしまったチセのもとには妖精の王達が。

 本来還るべきところに、還っていく魂たち。
それを見送りながらチセは自身を想う。

ウルタールの一件から10日と数日が過ぎても、チセは眠りに落ちたままだった。
彼女を案じるエリアスとサイモンの前に、予期せぬ客が姿を現す。

それは常若の国(ティル・ナ・ノーグ)の主。
ブリテンの夜の一角を統べるもの。
妖精たちの女王(ゲアラハ)、ティターニア。

(TVアニメ『魔法使いの嫁』公式サイト – 2017年10月より放送開始、TVアニメ『魔法使いの嫁』公式サイトより)


The faerie Queene.

 前回の浄化の話の続きと、妖精の王様、王女様との出会いと、最後に新しい騒動の始まりみたいなものが見えましたね。

 

あの魔術師

あの小さな魔術師がさっそく出てきましたね…!というか、あの澱みの原因の話から全く外見が変わっていませんでしたね。そういう魔術を使っているのかな。

 あのほかの魔術師とも仲間…なのかな。

 

そしてあの魔術師たちもいろいろありそう。澱みが無くなった時に安心していたのはあれかな、根はやさしい…とか?

 

続きを読む

「りゅうおうのおしごと!」第1話 感想 9歳の女の子が将棋をする話、お決まりのシーンとかあってなんだか懐かしい気分も

将棋界最高のタイトル「竜王」になった16歳の少年・九頭竜八一の家に、彼を「お師匠さま」と慕う9歳でJS(女子小学生)の雛鶴あいが押し掛けてきた!? 当初は追い返そうと考えるのだが、あいの中に才能の片鱗を感じた八一は、清滝師匠の進めもあって、ひとまず春休みの間と区切って彼女を内弟子に迎え入れることになる。こうして竜王・九頭竜八一とその弟子・雛鶴あいの物語が始まるのだった。

ストーリー|TVアニメ「りゅうおうのおしごと!」公式サイトより)

 

第1局 押しかけ弟子

なんだか懐かしい感じすらするハーレム展開と、将棋が混ざった作品ですね。

将棋についてもいろいろ話してくれているし、勉強になりそう。相掛かりなんて初めて聞きましたし。あの詰将棋のも。

 

あと、キャラクターは全員モデルになった人がいる感じですかね。

……あんな中二病棋士いるのかな。

 

竜王戦

いきなりの竜王戦からのスタートでしたね。竜王戦棋士たちのトーナメント戦みたいなのでそこで勝ち抜いた一人が竜王になるって事かな。それで最年少でなった彼が主人公。 

 

マジでああやって吐きそうになったり、ふらふらしてしまうんですかね。確かにああいう状況だったらありそう…。見たことないですけど、テレビじゃ映らないところですしね。

 

続きを読む