私の話に付き合って。

アニメや特撮、映像コンテンツの感想を書きます。よかったら私の話に付き合ってください。

「仮面ライダービルド」15話感想 戦兎が葛城巧だと本人に告げる幻徳。完成した「あれ」のデータを入手するマスター。

石動(前川泰之)の正体がブラッドスタークとわかり、戦兎(犬飼貴丈)らはパンドラボックスを秘密基地から近くの倉庫へと移動。幻徳(水上剣星)の捜索をかわすことに成功する。が、石動によると、その首相代理・幻徳こそがナイトローグだという。八方塞がりの戦兎らは政府の黒い陰謀を暴く決意をする。

ストーリー|仮面ライダービルド|テレビ朝日より)

 

 第15話「桐生戦兎をジャッジしろ!」

ついに、劇中でも戦兎=葛城巧について語られましたね。見ている側としてはなんとなくそうだろうな…って思っている方が多いと思いますが。

そして新しく葛城巧の研究からつくられた「あれ」も気になりますね…。

 

ナイトローグ

その正体が戦兎にも、そして父親にもばれた氷室幻徳ことナイトローグ。今回初めて羽を広げて戦っていましたね。そんな能力あったのか…。スタークもコブラを出現させられていたからそういう能力があってもなんらおかしくはないですよね。

 

 そしてその羽をつかった戦闘もカッコよかったですね。ただスパークリングには対抗できなかったみたい。ローグがスパークリングを見るのも初ですし仕方ないかな。

ただブラッドスタークには及ばないものの、ローグもトランスチームシステムで対抗できているので強いことには違いないんですよね。

 

あとそのブラッドスタークことマスターが帰ってきてあれだけのことされたのに、なぜまた信用できるのか…。なぜ言ったことをうのみにするのか…。あれかな…あの外見と言動だけれど作中トップクラスでピュアなのかな。龍我なんて最初の方すぐ誰かを疑ってたような気がしますけど…(笑)

 

その後戦兎の事を聞いたあと戦闘中に葛城巧としての記憶をよみがえらそうとしていましたね。うーん…やっぱり葛城巧って悪の科学者だったのかな…。映像ではそんな風に思わないんだけれど。それに顔も平気で変えられるから、偽物ってのも全然ありそう。

私は葛城巧は悪の科学者ではないと思うんですけどね…。どうなんでしょう。

 

 

そして父親にも正体がばれてしまったローグ。処分がどうとか言っていたけれど、どうなるんだろう…。なんか平気な顔して出てきそうですけどね。

その時に戦兎にマスターから聞いた話を話していましたね。

 

「石動が俺にこう言った。『葛城巧は生きている。姿を変えて…』」

 「お前だよ、桐生戦兎。お前が悪魔の科学者、葛城巧だ…」

 

次回は この戦兎こと葛城巧?の話になりそうですね。次回絶対面白いですよね…!毎回面白いんだけれども(笑)

 

続きを読む

「少女終末旅行」第10話感想 電波も音も光も波。夕日は悲しい波形。猫みたいなぬこが仲間に加わる。

 駅のホームにやってきたチトとユーリは、そこに到着した電車にケッテンクラートで乗り込む。瞬く間にスピードを上げて進んでいく電車の窓の外に広がる巨大なプラントが立ち並ぶ施設に圧倒される二人。電車は施設の上に架けられた高架橋を通り、トンネルへと進んでいく。見るものがなくなってしまったチトとユーリは、暇を持て余し、電車の先頭車両へ行こうとケッテンクラートを走らせる。

STORY|TVアニメ「少女終末旅行」公式サイトより)

 

「電車」「波長」「捕獲」

 前回がロボットと魚の生命の話でしたが、今回は新しい生命が仲間に加わりましたね。かわいい。

 

電車

かなり大きめの電車でしたが、あれですかね?途中に出てきた大きな人型ロボットを輸送したりするものだったのかな。

中にはあの時の小さいロボットたちの残骸がおおく転がっていましたね。

 

そんな電車のなかをケッテンクラートごと乗って進んでいました。

電車に乗って、かなり先まで行こうとしていましたが、上層へ向かう柱とかはその先の方にあるのかな。見落としてしまって戻らなくちゃとかになったらめんどくさそうですけど…。でも夕日のシーンを見る限り結構上層へ行ける柱はありそうでしたね。そう思うと大丈夫そうですかね。

 

速度とか時間の話も面白かったですね。確かに地球が一回転しているなら地球を一周していることと変わらないかも…。ユーのそういう新鮮な見方は面白いなぁ…。

電車の中で走ったら滅茶苦茶早い速度で走ってるのでは?ってのも子供の頃考えたなぁ…。

 

それにしてもチトは博識ですね。ああいう世界観でも本読んでいるだけあって知識は蓄えているのかな。

 

続きを読む

「干物妹!うまるちゃんR」第10話感想 シルフィンとUMRの二人の話多め。シルフィンかわいいな…。他にも海老名ちゃんのこちらに来たごろの話など

 

今回は・・・

シルフィンさんの家でまったり遊んだり、
みんなで勉強会をしたり、
シルフィンさんとレトロゲームの聖地に
行ったり、
ヒカリちゃんが家に遊びにきたり、
海老名ちゃんの秋田の友達との思い出がでたり、

するよ!

TVアニメ『干物妹!うまるちゃんR』公式サイトより)

 

「初めてのみんな」

 今回一番かわいいと思ったのはシルフィンですね。久しぶりに勝負勝負って言っているときの彼女も見れましたが、それよりもポッキーゲームの時の彼女がかわいらしかったですね…。

 

シルフィンの部屋で

初めてシルフィンのお部屋が出ましたね。最近よく橘家には言ってましたが、彼女の部屋が出てきたのは初めてですよね。UMRだから入っていいよって感じだったのかな

 

彼女の部屋は和洋折衷…でいいのかな。すごい部屋でしたね。

そんな彼女の部屋でお菓子を食べるいわば宴を行っていましたね。どことなくうまるとは違うけれど同じようにお菓子と炭酸飲料を一緒に食べていましたね。

そんな彼女がUMRとやりたがっていたのはポッキーゲーム。彼女はどんなゲームか知らずに言っていたんですね。

 

その後見たアニメでポッキーゲームのシーンを見てそれが何かわかったときの赤面した顔がかわいらしかったですねえ…。最近のシルフィン本当にかわいい。

 

続きを読む

「ガンダムビルドファイターズバトローグ」第四話感想 レナート兄弟の求めた戦争をPGでぶち壊すメイジン。ジンクスⅣはかっこいいなぁ…。

 正規軍からの情報を受け、私設武装組織の基地の手掛かりを求めジャングルで待機する3機のジンクス小隊。そんな時、敵の輸送コンテナがセンサーに反応する。即座に追跡を開始するジンクス小隊だったが、コンテナの中からケルディムガンダムサーガが現れその行く手を阻む。散開しケルディムガンダムサーガとの戦闘を開始する2機のジンクス。残りの1機はそのまま輸送コンテナの追撃を続け光学迷彩に隠された敵基地を発見するが、そこに現れたのは各所を発光させた巨大な敵影だった。

第4話「俺たちの戦争」 | ガンダムビルドファイターズ バトローグより)

 

第4話「俺たちの戦争」

 今回はレナート兄弟の話ですが…彼ら双子でしたよね。今回はもう一人増えていましたが、彼は双子の後に生まれた弟ですかね。ちょっと幼い感じでしたし。

 タイトルの僕たちの戦争はあれですね、Xのフロスト兄弟の僕らが求めた戦争だってのを思い出しました。

 

うえだゆうじさん

そして最初のナレーションの名人とシステムボイス以外は全てうえだゆうじさんなのでうえだゆうじさんのワンマンショーみたいでしたね(笑)でも全員違う感じですごいな…。

 ゲームの舞台が00でしたが00といえばうえだゆうじさんってビリーカタギリ技術顧問を演じられていましたよね。またあのキャラとレナート兄弟もキャラクター違いますよね。すごいなぁ…。

 

続きを読む

「ネト充のススメ」第10話(最終回)感想 最後までにやにやするようなもりもりさんと桜井さん。最後は二人で手をつないでデート。

矢代の一言で傷ついてコンビニから飛び出した森子を、桜井は雨宿りのために自分の部屋に招き入れる。お互いの距離を計りながら、お互いの気持ちを伝えあう森子と桜井・・・
ネトゲを通じて築いた2人は関係は果たしてどうなるのか・・・!?

TVアニメ「ネト充のススメ」公式サイトより)

 

第10話 「月夜の晩に」

 今回が最終回みたいですね。私は13話くらいまであると思っていたのでなんだか…こう、面白かったものが一つ終わってしまうな…って感じです。

 

初々しい二人

終始にやにやするような感じの二人でしたね。

もりもりさんが結構無防備だから桜井さんはそこが気になったりしていましたし、だぼだぼパーカーは何度もじっと見ていましたね。いいよね、わかる。

指が触れたり、顎が当たったりそういうちょっとずつの接触でいちいち反応する二人が本当にかわいらしい。中学生カップルかなって感じの反応ですけど(笑)

 

しかしあんなにかわいらしいもりもりさんの前で桜井さんはよく抑えられますね。並みの男だったら押し倒してますよたぶん。

 

桜井さんも桜井さんで思春期真っ盛りの高校生みたいでしたね。途中で本音が漏れそうになっていましたし(笑)

 

最後のデートもそんな感じでしたよね。あそこはあそこで別の演出がありましたし。それはまた後程

続きを読む

「賭ケグルイ」9話感想 二人のバラエティー番組対決。EDは夢子とユメミが歌って踊る。

ユメミにギャンブルの誘いを受けた夢子。夢子は「負けたらアイドルになる」という不利な条件を受ける代わりに、ユメミの本音を録音して、ユメミもリスクを負うように脅迫した。夢子に脅迫の手がかりとなる手紙を送った人物とは?
ユメミが用意したギャンブル『一流アイドル決定戦 バトっていいとも!』はバラエティ番組のように盛り上がるが、それは怒りに燃えるユメミの計画通りだった……。

<第9話>夢見る女- ストーリー| TVアニメ「賭ケグルイ」公式サイトより)

 

<第9話>夢見る女

本当に生徒会は一枚岩ではない感じですね。今回の話でも裏にはあの眼鏡の人が絡んでいましたし。

 

バトっていいとも

アイドル姿の夢子滅茶苦茶かわいくないですか…!ツインテ姿も似合うんですね。

内容はギャンブルというかほとんどあれでしたね。バラエティー番組ぽかったですね。

歌はカットかよ…って思いましたが、EDで滅茶苦茶やってくれたから逆に満足ですね(笑) しかし仰げば尊しという選曲は…それを聞いた鈴井君達の顔もすごかったですね。芽亜里ちゃんとかは魚みたいな顔してましたね(笑)

 

番組はユメミの演出通り進んでいましたが、それは夢子にもばれていたようですね。最後のギャンブルまでは順調にバラエティーしてました。

CM入りも本当にCMでしたね(笑)

 

そして誕生日当てのゲームへ

 

続きを読む

おそ松さん(第二期)第10話感想 色んな事を頼まれても断れないカラ松。イマドキ新入社員のトト子ちゃん。おそ松さんのトンデモアフレコ現場

 

「カラ松とブラザー」「新入社員トト子」「アフレコ松さん」

今回の三話もそれぞれ面白かったですね。個人的には一番最初のカラ松とブラザーの話が好きです。 

 

カラ松とブラザー

カラ松いいやつかよと思っていましたが、ただ断れなかっただけなんですね。

それにしてもみんななんでもかんでも言いたい放題でしたね。気になったのはおそ松の頼みは聞いた後嫌な顔をしていたけれど、十四松の頼みは一つ返事で返していたところ。六つ子だけれど兄だから弟たちには優しいのかな。

 

しかしチョロ松のあの物真似はすごかったですね(笑)

おそ松はちょっとわかりにくかったですけど、それ以外のキャラクターは滅茶苦茶似てましたね。個人的には一松が一番よかったかな。

 

最後はそのチョロ松にみんなが押し付けて終わり。みんな自分でやろうって考えないのね…。

 

続きを読む